« 刺有り | トップページ | 金魚 »

2005.07.04

セニックのATその2(His mail come,Again)

その後の状況は、後輩から以下のメールが来ました。
******** 引用ここから ********
「油圧不足で、減速時の2→1へのシフトダウンが完全に行われない、そこへ来てアクセルが踏み込まれると、油圧が高まるために、急に1速にギアが入るため、ギクシャクしてしまうようです。エンジンが冷えていて、アイドルが高めの時は、AT内の圧力も高めのため、この症状は出ていません。油圧系統についているゴム製のシールが劣化して圧力が逃げてしまっているので、そこを交換する修理がまず要ります。そのためにはミッションを下ろしての作業になり、エンジンオイル、ATFを抜いての作業になります。ついては、エンジンオイル、ATFの全量交換も伴ってきますので、費用的には、9万~10万円かかります。」

『ライン圧センサーとかバルブ系やコンピュータは大丈夫なの?』

「コンピュータには異常は出ていませんでしたが、バルブやライン圧については、シールの修理をして、正しい圧力がかかる状態にしてやらないと、バルブやセンサーが正しく動くかを判断できないです。もう一つの修理の提案として、リビルトする方法もあるのですがこれだと40万円かかります。」

『詳しい見積書をください。それを見てどうするか考えます。』
******** 引用ここから ********
とのことですが説明が解せないので、本日、直接メカニックと話をしてきました。
詳細は別記事にします。

|

« 刺有り | トップページ | 金魚 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45762/4830377

この記事へのトラックバック一覧です: セニックのATその2(His mail come,Again):

« 刺有り | トップページ | 金魚 »