« オペル東海ML忘年会 | トップページ | 後付クルーズコントロール取付 Part3 »

2010.12.02

後付クルーズコントロール取付 Part2

注意:この記事をお読みになってクルーズコントロールを装着しようとお考えの方へ。

購入の判断及び装着・商品の使用は自己責任でお願いします。

当然、装着・使用して車の調子が悪くなったとか事故を起こしてしまったなんて言うのも自己責任ですよ。

第2回はいよいよ現物確認です。
パーツの発注かける前に確認した方が良いです。

・まずはスパイラルケーブルのコネクタBの確認です。
Simg_4000
赤枠の所にコネクタBが存在しませんので、スパイラルケーブル(品番:84306-52090)を購入する必要があります。

・ECUへの配線があるかどうか確認します。
エンジンルームに向かって右上、助手席の前にECUは設置されています。
Simg_4205

奥側のECUコネクターBのロックを外して配線の確認をします。
Simg_4207

赤丸で示した所がECUコネクターBの40番の端子です。
Simg_4210

我が家の車両には配線がありましたので車内側の施工のみで装着が完了します。

|

« オペル東海ML忘年会 | トップページ | 後付クルーズコントロール取付 Part3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45762/50163852

この記事へのトラックバック一覧です: 後付クルーズコントロール取付 Part2:

« オペル東海ML忘年会 | トップページ | 後付クルーズコントロール取付 Part3 »