無料ブログはココログ

2023.12.13

スタッドレスタイヤ購入

スタッドレスタイヤの準備に関して色々と苦労しましたが、ディーラーの準備するホイールとタイヤと空気圧センサがセットになった物を購入することに。

タイヤはミシュランのX-ICE SNOW SUV 215/70R16

ホイールは株式会社ビッグウエイと言う商社のオリジナルブランド?のT.R.G. Snow Concept 6.5J 16inch ET40 という物です。

Dsc_2140 Dsc_2141

正直、ミシュランのスタッドレスはあまり良い印象はないのですが、昔より進化しているそうですので使ってみて様子を見ます。

 

タイヤセットを積み込む為にピットへ。申し訳ないですが、ディーラーさんの精度でホイール装着して欲しくないので、受取のみです。

Dsc_2142

 

タイヤは2022年37周製造が3本に1本だけ16周製造。

Dsc_2151 Dsc_2152 Dsc_2156 Dsc_2157

 

各務原では持ち込みタイヤの組み換えは行っていないとの事でしたので、エアーのみを充填していただき、装着の下準備を行います。

これだけの作業をしていただいてもタイヤの組み直しが行われないので、極上は味わえないのはなんとも。。。

Dsc_2153

 

ホイールの裏面から、prodotto in china だそうです。

ユニフォーミティを重視して組んだ訳でもないのにこのバランスウェイトの量は。。。

Dsc_2158

装着したらこんな感じ。マイスター曰く、丈夫そうなホイールですねとの評(笑)

ある意味、デザイン性は考えずに作っているので、丈夫で重いと。その上でコスト的に精度が悪いので前の写真の様なバランスウェイトになるのでしょう。

Dsc_2159

メカさんが試乗した結果、普通との評価。

マイスターからは、ホイールに組んだのはいつ?とのご質問。製造年が1年前なので、昨年組んだまま保管されていたものであると注意して乗らないとビード部分の歪み等不具合が発生する可能性があるとのこと。

とりあえず、100km程度走行するまでは丁寧に乗る様に指示を受け、帰路へ。

自分の評価も普通(良くはない)。まあ、ディーラーで購入したらこんなもんでしょうね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2023.08.22

初回車検費用+タイヤ交換費用

T1から車検関係の見積もりが届きました。
提案された整備内容は以下のとおり

・フロント&リアデフオイル交換

・ハルデックスオイル交換

・クーリングシステム洗浄&クーラント交換

・ブレーキフルード交換

・燃料フィルター交換

・各システム診断及び基本設定

費用は概算で25~30万円位とのこと。
法定費用などが5万円程度なので、total30~35万円也
・DSGのオイル交換は3~4万km位まで走行して交換で良いそうですので、Max粘れば次の車検時ぐらいか?
懸案のタイヤ交換ですが、お勧めのタイヤはコンチネンタル製のエココンタクト6 215/65R17 99V AO、アウディ承認タイアです。
お値段はタイヤプレッシャーセンサーも同時交換して約30万円😖

今年のスキーシーズンは冬タイヤ買おうと思っていましたが、延期です。😖
ゴルフより大きいので整備費かかりますと言われていましたが、、、想像以上です。。。これだけで新車との差額分が吹っ飛びます😅

2023.06.12

ティグアンの現況

新車整備後、約15,000kmを走行し、エンジンの回転フィーリングが滑らかになって、アイドリング付近からのトルクもアップ。

乗っていて気持ちの良いエンジンに育って来ました。

DSGも整備前の偶にギクシャクする感じも出なくなり、スムーズな変速となり快適。まるでトルコン式の多段ATみたいに変速ショックなく動作します。

問題はタイヤが樹脂化して固くなっているので、その点だけですが、溝もまだ有るので交換するのには金額のことも含めて、躊躇しています。

 

そんな感じでT1整備車両独特の雰囲気が醸し出されてきています。

 

さらに育てるために、もっと距離を乗ってあげたいんですけど、時間がね。。。

2022.09.29

オイル交換:新車整備後2回目

Dsc_0609

1月に行った新車整備から9ヶ月約6,000kmを走行し、11,000kmを超えたのでオイル交換してもらいに行ってきました。

車両の状態は、納車時に比べるとエンジンはスムーズに回り、トルクも低回転から出るようになってきています。

マイスター曰く、VWのエンジンは概ね50,000km程度で慣らしが終わるとのことで、これから10,000km毎に車両の状況を見ながら調整をして行くそうです。

写真のマフラーはDPF(ディーゼル・パティキュレート・フィルター)が付いているから綺麗なのかと思ったら、燃料がちゃんと燃えているからだそうで、燃えてなければDPFが付いていても煤だらけになるそうです。

 

今回頂いたアドバイス

高速道路では2千回転を上回るようにギアを選択するとエンジンに熱が入ってエタノールや吸気系の堆積物が燃えてエンジンに良い環境になる。けして速度が早い必要は無く100km/hでもギアを1段落として2千回転を超えていれば良い。

これから寒くなるのでチョコ乗りではエンジンに熱が入らないのでオイル交換のインターバルを5千kmにする方が先々のコンディションが良くなる。

ディーゼルはチョコ乗りしてエンジンに熱が入らないとオイルに燃料が混じる。メーカーとしては500cc程度の増は見込んで設計しているが、最初からオイルレベルゲージのUpperまでオイルが入っている状態で燃料が混じると、クランクシャフトが油面を叩いて油滴が発生し、エンジン温度が下がり、さらに燃料がオイルに混じると言う悪循環に陥る。

 

2022.06.13

HID化

AD1型ティグアンの純正ヘッドランプはLED

省エネのためには仕方がない流れでありますが、暗い、雪道での熱量不足による着雪の不安など、良い事一つもないので、HID化を考えたのですが、欧州もアメリカも純正パーツではハロゲンランプかLEDの選択肢しかない。。。

Halogen-twin-headlights-pr8id 

 

アフターパーツでもLEDをHID化する様なキットは皆無。

残念です。

2022.03.20

ティグアンの雪道装備

Tiguan TDI 4MOTION Confrtlineは215/65r17と言う日本ではあまり選択肢の無いタイヤサイズです。

スキーへ行く為の装備として必須の雪道対策をどうするか・・・

1.純正17インチホイールの出物を探して、スタッドレス購入。
ベストな選択では有るが、コスト的にはワースト。
油温200度での走行安定性までを考えると社外ホイールは却下。
純正ホイールの仕様は17inch、7.0J、5hole×112mm、HUB57.1mm、ET40です。
以下、ティグアン用の17インチホイールの種類とパーツナンバー。
Montana
5NA601025
Montana
Tulsa
5NA601025AA
Tulsa
Galway
5NA601025AL
Galway
Woodstock
5NA601025T
Woodstock
Dublin
5NA601025AC
Dublin
T1と相談して、半年毎に履き替えて4-5年では溝が沢山残ったままゴムの寿命で夏冬どちらも交換になってしまいゴミが大量に出てしまう。
あまりにコスパが悪いのでアルミホイール&スタッドレスは当面の間、却下。

2.欧州仕様の鉄ホイールを購入してスタッドレス装着。
調べてみたところ、
Steel  wheels(6.5J x 17) H2 ET38 5x112
というのがあるらしい。
パーツナンバー
5QF601027
5QF60102703C:黒塗装
5N0601169:センターキャップ
ただし、ディーラーでは入れてくれないので、自分で輸入するしかない。。。

 

3.最近人気があるらしい、布製チェーン?
割と安く性能も程々との情報を見るので、探してみると、サイズが合いそうなのは、
Autosock HP 697?
A1wi6zafzl_ac_sl1500_

ISSE スノーソックス スーパーモデルのサイズ70?
コイズミのSNOWTEX(スノーテックス)39 30?
代理店の力量か、web上の情報統制が取れていないっぽい。
金属チェーンと違って、ある意味ルーズでも足回り壊す危険性は少ないからか?
が、T1のTさんから、目的地で外すの忘れて、用事を済ませて帰るときに凍りついていて破れてしまったとの情報あり(笑)
また、雪道以外での耐久性が低そうなので高速道路のチェーン規制の区間で雪の無い路面があったりすると、一気に擦り切れるかも?

 

4.とりあえず、チェーンで凌ぐ。
金属チェーン:コーニックのCL MAGIC CLM-104がサイズ的には適合か?
ただし、マニュアルには金属チェーンのリンクは9mm以下となっていて、CLM-104  は10mm。

ディーラーに確認すると、マニュアルに記述がある以上、良いとは言えないとの思考停止回答。

しかたがないので、色々探したら、19,800円を13,000円でと言うのを見つけ、人柱として買ってみた。

P1magic_title_img_cl
T1へ持ち込み、リフトアップして装着。問題がなさそうなことを確認して、しばらくチェーンで凌ぐことに決定しました。
デメリットは最高速度が50m/hに制限されるぐらいか?
あと、マジックテンションシステムはただのゴムだった経年劣化が怖いです😅
早く夏タイヤが終わってくれると良いのだが、T1整備のタイヤは減らないんだよなー😄
※私のtiguan confortline純正の17インチホイール+純正サイズの夏タイヤでの話です。
タイヤの銘柄が違うと同じサイズ表記(215/65r17)でも外形実寸は異なりますので、もし、この記述を見て使ってみようと思われたとしても必ずご自身で確認作業は行ってください。取説に書いてある規格外の事を行うのでメーカー保証は受けられず、すべて自己責任となります。

2022.02.03

おぼえがき:How to Increased the load capacity for Tiguan

ワンボックスカーのノア号から小型SUVのティグアンに乗り換えて、積載量が大幅に減りました。

使っていないジェットバッグ(TH692 Ocean 600)庭に転がってあるので、これを取り付けるために必要なルーフバーを確認。

いつの間にか主流がエアロフォルム?のバーに変更されていて、以下のフットとバーが必要。

Thl_71111

TH7104 RAPIDルーフレール EVO

 

Thl_71041

TH7113 ウィングバーEVO 2本入り 127cm

ネットで検索するとセットで36,000円前後?

手持ちのスクエアバーを活用するなら、
前記した、TH7104 ベースキャリア用フットセットのみで良い。

ただし、下面に切り欠きのある新しいスクエアバー用の様。手持ちのスクエアバーは不適合か?

2022.01.06

Tiguanの4motionについて

今回は、納車されたTiguanに乗った際に感じる違和感について。

S_img_0504
画像はBora V6 4MOTIONに搭載されていた、Haldex aktiebolag(ハルデックスアクチエボラグ)社製のhaldex kupplung Gen 1. 1998年から2001年までのWV、AUDIで使われていた物。

前輪と後輪の回転差から油圧を発生し、その油圧で多板クラッチを操作してトルクを伝達します。
油圧をプレチャージしておく事で駆動輪のスリップ角6度程度で2400Nmに迫るトルク伝達が可能とメーカ発表されています。

Prex-graph-large

ここで思考実験。停止状態のhaldex kupplung搭載車でクラッチミートしてエンジンからのトルクを前輪に伝達し、前輪が回転し始める時、後輪は?ミクロに見ると回転差がごく僅かですが発生しているはずです。現に極々低速での丁寧なクラチミートでもT1仕上げのBoraでは後輪の駆動トルクの立ち上がりが感じられました。

そんなハルデックス制のオンデマンドAWD機構ですが、
2011年に米国のボルグワーナーがハルデックス・トラクションABを買収。

PRESS RELEASE FEB 01, 2011

BORGWARNER FINALIZES ACQUISITION OF HALDEX TRACTION SYSTEMS


2012年以降は通常、Gen5.が搭載されているはずなので、TiguanもGen5.のはず。ということでGen5.について、簡単に調べてみましたが技術仕様が不明瞭でした。

なぜ調べたかというと、Tiguan号、発進時にBoraに比べて後輪へのトルク伝達が一瞬遅い。原因を探るためにはどの様な機構であるか?動作原理はどうなっているのか?どの様な制御がされているのか?などなどを知らなければ根本原因解決はできません・・・。

 

050a9966-1

とりあえず、現状これ以上調べるのは時間の無駄と判断。餅は餅屋。車のことはT1でと言うことで、詳細は整備時に確認します。

 

2021.12.30

20211225ティグアン納車感想

050a9979
・フロント、リアブレーキ、どちらも動いていない。
・タイヤがホイールにきちんと嵌っていない。
・サスペンションの動きが渋い。
・アライメントが狂っている。
・2リッターガソリンエンジン程度のトルクしか出ていない。
・停車状態から走り出す際に後輪からのトルク出力が一瞬遅れる。
トクイチオートにて。
・軽油へのアルコール添加量が増えている。3ヶ月毎に添加剤が必要。
・インジェクターのノズルが5つあるが、燃料の潤滑性能が悪いと詰まってしまい、カーボンが堆積して、燃焼状態が悪化。トルクが無くなる。
・バッテリーターミナルは鉛でできており、規定トルクで1回締めただけでは変形し、適切なトルク値にならないので、2,3度トルクレンチでの締め直しが必要。
・純正のオイルはシャビシャビなので、5W-40などに交換するとトルク感が出る。
・不良燃焼によるトルク不足:低速トルクがスカスカで回転数が上がると急激にトルクが出る(と言っても落差が激しいだけでカタログ値は出ていない)為アクセルで姿勢をコントロールできない。ハルデックスカップリングもうまく作動しない。
整備は年明け、1ヶ月点検後になるので、下記の整備を行ってもらい、様子を見ることに。
とりあえず我慢して乗っていられるレベルになりました。
1.タイヤの空気を入れ替え。
2.入りすぎていたオイルを2L抜いて、エンジン内の傷を補修する特殊オイルを添加。
3.燃料添加剤投入。